危険なドッグフード

ドッグフードに使われる原材料の中で、愛犬の健康を阻害する恐れのあるものが含まれている場合があります。今回は、そういったものを簡単にご紹介したいと思います。

一番有名なのが、動物性脂肪です。動物性脂肪は動物の油を使っていますというだけで、何の動物からとれた油なのかわからいません。そのため健康ではない動物や病気が原因で死亡した動物、または腐敗した動物からとれた油の可能性もあるのです。また、何も考えずに複数の動物の油をミックスさせたものである場合もあります。また、動物性脂肪は、他の物に比べて劣化をしやすく、保存料、そして酸化防止剤が使用されていることが多いです。これらのものは愛犬の健康被害を招く原因になるためとても危険なものです。注意したほうがよいでしょう。

次に危険なのが、穀物が主原料の物です。ドッグフードの表示には、原材料として含有量の多いものから順の掲載をしている場合が多くあります。そして、トウモロコシ、または小麦といった穀物が先頭に掲載されている場合は注意が必要です。この穀物は犬のアレルギーとなってしまう可能性が高いものであるためです。飼い犬の健康を守れるのは飼い主次第です。今与えているドッグフードにこれらの原材料が多く含まれているため、しっかり検討してください。

参考HPhttps://www.nelsonsdogfood.jp/
穀物・人工添加物不使用のイギリス産ドッグフードです。