血糖値スパイクとGI値について

太りにくい食品と言えば、炭水化物や糖質が少ない食品だと言えるでしょう。

でも、普段の食事の主食になっているご飯やパン、麺類などは糖質が多く含まれています。

食事を摂って体脂肪が増えるのは、糖質を摂り過ぎた場合に、インスリンが働いても筋肉に取り込み切れなかった余分なブドウ糖を中性脂肪として体に蓄える場合です。

糖質を摂りすぎる食事は急激に血糖値を上げることになり、太りやすくなるのです。

<血糖値スパイクについて>
血糖値スパイクブラフ

血糖値が急激に上昇して正常値を超える状態は「血糖値スパイク」とも呼ばれ、余分な糖質は中性脂肪に変わります。

太りにくい食事をするには、血糖値スパイクを引き起こさないような食べ方をする必要があります。

炭水化物や糖質を多く含む食品の量をある程度コントロールしたり、GI値が低い食品を選んで食べると良いでしょう。

<GI値について>
「GI値」というのは、食事で炭水化物を摂って、分解し糖に変化するまでの速さを表す数値です。

GI値が低い GI値が中程度 GI値が高い
春雨・ソバ
小麦全粒粉パン
玄米
うどん
パスタ
白米
パン

GI値が高いと糖に変化するスピードが速いので血糖値が急激に上がりやすくなります。

逆に、GI値が低いと糖に変化するスピードが遅いので血糖値は急には上がらない・・・という事になります。

という事は、主食を食べて炭水化物を摂るにしても、GI値が低い主食を選んで食べれば血糖値の急激な上昇を避けることができます。

主食の中でGI値が低いものは、麺類だと春雨やソバ、パン類の中では小麦全粒粉パン、ご飯の中では玄米になります。

普段の食事で食べている白米を玄米に変えたり、食パンを小麦全粒粉パンに変えるだけでも太りにくくなることに繋がります。