無料ドッグフード

餌ドッグフードを買ってみたはいいものの、全く食べてくれなくて結局捨てる羽目になったというような経験は犬を飼ったことがある人は多いと思います。そんな時に事前に食いつきを確認できる無料サンプルというものがあります。今回は、無料でお試しできる無料サンプルについてご紹介したいと思います。

まずは、もっぴープロフェッショナルです。オーストラリア生まれのドッグフードで、もともとブリーダー専用のドッグフードでしたが、一般向けの販売も開始されました。次はプラチナムナチュラルというドッグフードです。ドイツ生まれの無水調理のドッグフードです。定価200円のトライアルパックを無料で試すことができます。送料はかかってしまいますが、無料サンプルの他にも100日間の返金保証もついてくるので気に入った際には抵抗なく購入することができます。

ファインペッツは、無料ではありませんが、本来であれば一キロ当たり2262円のドッグフードが初回限定で540円で購入することができます。一二食分の無料サンプルが多い中、たっぷり一キロあるので、自分の犬に合うのかどうかをじっくりと試すことができます。それぞれ、特徴があるのでよく調べて利用してみてください。

危険原材料の入ったドッグフード

ドッグフードドッグフードに使われる原材料の中で、愛犬の健康を阻害する恐れのあるものが含まれている場合があります。今回は、そういったものを簡単にご紹介したいと思います。

一番有名なのが、動物性脂肪です。動物性脂肪は動物の油を使っていますというだけで、何の動物からとれた油なのかわからいません。そのため健康ではない動物や病気が原因で死亡した動物、または腐敗した動物からとれた油の可能性もあるのです。また、何も考えずに複数の動物の油をミックスさせたものである場合もあります。また、動物性脂肪は、他の物に比べて劣化をしやすく、保存料そして酸化防止剤が使用されていることが多いです。これらのものは愛犬の健康被害を招く原因になるためとても危険なものです。注意したほうがよいでしょう。

次に危険なのが、穀物が主原料の物です。ドッグフードの表示には、原材料として含有量の多いものから順の掲載をしている場合が多くあります。そして、トウモロコシ、または小麦といった穀物が先頭に掲載されている場合は注意が必要です。この穀物は犬のアレルギーとなってしまう可能性が高いものであるためです。飼い犬の健康を守れるのは飼い主次第です。今与えているドッグフードにこれらの原材料が多く含まれているため、しっかり検討してください。犬の健康を考えたプレミアムドッグフードの中には小麦やとうもろこしを一切使用していないドッグフードもありますので、アレルギー対策のためにも、こうしたフードを探して与えてあげるようにして下さい。

 

ドッグフードを選択

餌を与えるドッグフードは必ずしも安全という訳ではなく、危険な原材料や避けた方が良い原材料もあります。日本のドッグフードを100%信用されている方もいるものの、危険な原材料や避けた方が良い原材料がある事をまずは頭に入れておかないといけません。最も有名なのが動物性脂肪です。また、穀物が主原料のものについても注意をしないといけません。しっかりドッグフードを選択する事を意識する事で、飼っている犬にとって大きなプラスになるのは間違いありません

そして、無料のドッグフードについても考えないといけません。無料のドッグフードは全く食べてくれなかったという経験がある方も少なくないでしょう。とは言っても、無料サンプル品を試してみる価値は大いにあります。問題となるのはどういった無料サンプル品を試してみるのが良いかどうかです。無料サンプル以外にも、返金保証があるかどうかも大きなポイントになってきます。興味がある無料サンプル品があるのなら、まずは試してみるのがおすすめです。その無料サンプル品が飼っている犬が食べてくれるかどうかは分からないからこそ、色々と試してみないといけません。

当サイトではドッグフードの危険性を中心に解説をします。ドッグフードを選ぶ上でどういった事を意識しないといけないのか、そして無料サンプル品についても考えないといけません。しっかり適切なドッグフードを選ぶ事が、飼っている犬の健康に繋がるのは間違いありません。